皆さまこんにちは!!

大阪で乾かすだけの髪型・ヘアスタイル・時短ヘアを作る!!

お一人お一人の髪質、骨格に合わせたパーソナルカットを得意とする美容師

サガラタカヒサです。

みなさんはパーソナル美容師をご存知でしょうか?

聞いた事があるようなー聞いた事がないような!!

まだまだ認知されていないかもしれませんが新しいジャンルの美容師なのです!!

パーソナル美容師とは

まずパーソナル美容師とはどのような美容師なのでしょうか?

 

パーソナルの意味

    1.  一個人に関するさま。個人的。私的。「パーソナルな問題」

    2. 他の語の上に付いて、個人用の、小型で手軽な、などの意を表す。「パーソナルテレビ」「パーソナル版」

 

このように 個々や個人の意味があるので、

個々にあったデザインや接客や空間を提供する美容師というのがパーソナル美容師になるわけです。

パーソナル美容師のメリット

マンツーマン接客

人がコロコロ変わらない

悩みを相談できる

オーダーメイドなデザイン

予約の前に相談できる

サロンに行くのにストレスがない

パーソナル美容師のデメリット

 

アシスタントがつかないので二人施術ができないので極端に早くできない

イロイロな人にやってもらう事ができない

な予約変更ができない(場合によってはできるが)

パーソナルな技術

 

パーソナルカット

お客様の骨格や髪質に合わせてカットする。

お悩みをしっかりヒアリングして、その上でなりたいイメージや気分に合わせて、カットし、メリット、デメリットを説明した上でデザインを選んでもらいカットしていく。

いわば、一人一人悩みもちがえば骨格や髪質も違うし気分もバラバラなので同じ髪型はありえません。

パーソナルカラー

を決める際に、お客様の目の色、肌の色、好きな色、嫌いな色、持ってる服の色、悩み、気分などの要素を元に、

カラー剤の種類やカラーの色、トーン、デザインなどもオーダーメイドのカラーをしていきます。

パーソナルカラーに関しても、ほぼ同じカラーになる事はありえないのです。

まとめ

パーソナル美容師とはお店ではなく、個人でお客様とより近い感覚で接客することによって、お客様はもちろん、美容師にとってもWIN-WINな関係を築ける新型美容師なのです。

今世の中では CtoC (customer to customer)

個人と個人が繋がるビジネスが成長しています。

例えば、Googleやアマゾンや楽天にメルカリなどよく目にしたり、耳にしたり有名な企業ですよね!!

こんな企業も今プラットホームという個人と個人が繋がるコンテンツをビジネスにしているのです。

今後ますますCtoCの働き方やビジネスは増えていくと予想されます。

今お客様はお店ではなく美容師と繋がっています。

お客様と直接繋がる事によって美容師もより本気でお客様と向き合い、より良いデザインと満足を実感出来る事でしょう!!

ご興味ある方は一度ご連絡ください。

LINE@はこちら

Instagramはこちら

Twitterはこちら

ご予約はこちら

 

「パーソナルカウンセリング」「パーソナル施術」のモデルをしてみませんか?

 

「パーソナル美容師」「パーソナルカウンセリング」「パーソナル施術」

とは何かを日々新しいお客様のためにブログやSNS、

動画などで情報発信しております。

そのためにモデルさんを募集しております。

やってみたい!!一度体験してみたい!!という方はご連絡下さい。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事